ニュース
中国の市場規制強化は、世界経済の長期的発展に資する=外交部
        
2021-09-28 14:31 | CRI

  外交部の汪文斌報道官は、8日の定例記者会見で、「中国政府が独占禁止規制を強化し、不正競争を摘発し、市場の公正な競争秩序を維持するために努力していることは、中国経済の公正で秩序ある持続的な成長と発展を根本的に促進するのに役立ち、世界経済の長期的発展にも有益である」と述べました。

  中国政府による市場規制強化の動きが市場のリスクを増大させるのではないかという一部の米国の報道に対し、汪報道官は「中国政府の動きは法律だけでなく前例にも基づいており、経済活動を管理するために多くの国で行われている一般的な慣行である。中国や海外の投資家、事業者、消費者の多くが最終的に利益を得ることができる。これについては、ますます多くの国際機関や経済界が理解と支持を表明している」と強調しました。

  汪報道官は、「対外開放は中国の基本的な国策であり、いかなる時も揺らぐことはない。中国はこれまで通り、外国人投資家が中国に投資し、事業を立ち上げるためのより良い保障を提供し、各方面の当事者と協力して、開放と協力、互恵とウィンウィンを堅持し、発展の機会を共有して、世界経済の回復と成長を促進する」と強調しました。

  汪報道官は、「現在、中国がハイレベルな対外開放を推進するペースはますます加速している。最近、習近平国家主席は、国境を越えたサービス貿易のネガティブリストを全国で実施し、北京などでハイレベルな国際自由貿易協定のルールとマッチングする政策を全国に先駆けて試行することを支持すると宣言した。国務院は、貿易?投資?国際物流?金融における実体経済の利便性を高めるために、『自由貿易試験区における貿易?投資円滑化の改革?革新を推進するための若干の措置』を打ち出した。また、『横琴?広東?マカオ深層協力区建設全体案』と『前海?深圳?香港現代サービス業協力区の開発開放の全面的深化に関する計画』などが公表され、ハイレベルの新しい開放システムの構築とビジネス環境の改善に向けて新たな目標が設定された」と語りました。(ミン?イヒョウ、坂下)

0
 
百度